男らしさを見せていく喜び

IT業務を男の仕事として定着している男性エンジニアがいることでしょう。
残業してでもIT業務にのめり込もうとする意識の高さが窺えてきて、一つ一つの業務がエンジニアとしての生き方を象徴しているように感じてくるかもしれません。
男性として生まれてきたからには、男らしい生き方をするべきだと思っているエンジニアが少なくないと考えられ、テキパキ仕事をしようとする気持ちに発破掛けをしていくのではないでしょうか。

自分にはこの仕事を成功させるくらいの力があるはずだと信じることから、限界無き挑戦の火蓋が切って落とされることが多々あると思います。
男性ならではのパワフルなIT業務をしていこうとする意気込みを表明していき、いかにも怖いもの知らずだと言わんばかりの気迫さで困難を乗り越えていくのが窺えるのです。

女性が多いIT企業でハーレムな気分を味わいたいと思っている男性がいると思い、好きな仕事ができる上に女性にモテモテになることを目標にしているかもしれません。
女性にモテることで男の株を上げようとする狙いがあると考えられて、絵に描いたようなカッコいい生き方をしていこうとする気持ちを強く持っているのが窺えます。

ともすれば、多くの女性の前でIT業務を通してカッコつけることを喜びのひとつとして捉えるようになるのが無きにしも非ずです。
俺ってナイスガイだろ?という心の声が聞こえてきそうであり、デキるエンジニアとしての本領発揮をしていこうという飛躍の精神を開花させていくのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です